検索

いい姿勢ってどういうこと?

今回は、良い姿勢の見分け方。またなぜ良い姿勢であるべきなのか。

そんなお話。



姿勢、姿勢と言っているワケですが、良い姿勢とはどういう状態なのか。

ご存知の方も多いとは思いますが、念のためにおさらい。

良い姿勢とは。

どの方向から見ても、頭部、体幹、骨盤、四肢がキレイに整列している状態です。

中心にあるのが、重心線。

後面からのポイントは何となくお分かりかと思いますが、重心線がこの体の中心を通る状態ですね。


横面から見たときには、

①耳垂(耳たぶ)

②肩峰(肩のちょっとくぼみのある所)

③大転子(太腿の付け根のゴリっとした所)

④膝関節前部(膝のお皿の横辺り)

⑤外果2-3cm前(外くるぶしの前)

 が、重心線上にある状態です。


これが理想的な姿勢です。


理想的というと、難しく感じるかもしれませんが、

「いい姿勢」=「本来の形」


・全身がしっかり機能し、快適な状態

・本来の力が最大限に発揮できる状態


この状態が維持できなくなると、

肩こりや腰痛、浮腫みや、体型崩れ、ストレスや不眠などの不調を引き起こす。

疲れが取れない、疲れやすくなる。

便秘や胃もたれなど臓器にも不調がでる。

たるみ、顔が大きくなるなどの美容的にも影響が。


などなど、残念なことが多発します。


不調が出ると、あれこれ試したくなりますが、

まずは、姿勢をチェックしてみましょう。


健やかに美しくいたいと思うなら、

正しい姿勢は不可欠です。


ぜひ、一度、ご自身の姿勢チェックしてみてくださいね。


お読みいただきありがとうございます。